NEWS :: クラブ

2021年12月03日 クラブ

11月13日(土)~札幌豊平体育館にて、令和3年度 第45回札幌支部高等学校ハンドボール新人大会が開催され、新チームで迎える最初の戦いにおいて女子が創部以来初となる優勝を果たし、男女そろって優勝、全道大会出場を決めました。「個々の能力というよりはチーム全体で助け合う静修らしさが出た大会だと思います。選手の涙を見た時にやってきたことは間違いではなかったと実感しました。男女ともチームの成長に繋がりました。」女子安田監督。各試合を通して1年生の活躍や今後の大会へ繋がる課題など多くの収穫のある大会となりました。対戦いただいた高校の皆様、大会運営の皆様、日頃より本校を応援していただいている関係者の皆様、有り難うございました。

【女子】優勝
1回戦:対札幌丘珠高校33-2勝ち
2回戦:対札幌新陽高校19-15勝ち
準決勝:対札幌西高校18-9勝ち
決勝:対札幌月寒高校17-14勝ち

【男子】優勝
1回戦:対札幌南高校28-9勝ち
2回戦:対札幌真栄高校31-13勝ち
準決勝:対札幌啓成高校35-25勝ち
決勝:対札幌新陽高校20-16勝ち

2021年10月22日 クラブ

第27回日本管楽合奏コンテスト予選審査会が開催され、吹奏楽部が「優秀賞」を受賞しました。今年度は動画撮影(音源審査)による予選審査会となりました。全国大会出場は叶いませんでしたが、困難を乗り越えて出場し予想以上の高評価をいただき、10月29日(金)に控える定期演奏会へ向けて更なるモチベーションの向上になりました。「ステージ上で演奏するコンクールとは違った緊張感がありましたが、自分たちのやってきた音楽は間違いではなかったと思いました。応援してくれる方々への感謝の気持ちを忘れずにさらに練習を重ね、定期演奏会でベストを尽くします!」と話してくれた部長の新山さん。今年度最後となる吹奏楽部のクラブ体験会は10月28日(木)札幌コンサートホールKitaraで行います。お申込みはこちらをご確認ください。吹奏楽部 クラブ体験会のご案内

 

2021年10月09日 TAG:弓道部 クラブ

10月2日~3日千歳市開基記念総合武道館にて第43回北海道高等学校弓道選抜大会南北海道大会開催され、女子1名が出場しました。緊急事態宣言下で思い通りの練習ができない中できる限りの工夫を凝らし、鹿児島県、愛媛県の高校とオンライン練習試合を展開し、緊張感を得る稽古をしてきました。結果は予選敗退となりましたが,今後の道筋を見出す経験を積むことができたようです。支部予選を6位タイで終え、今大会へ臨んだ女子部長の川辺さんは「気持ちの面で大きく射に影響してしまいました。今後はいつでも自信を持って挑める気持ちの面での強化に取り組みます」と決意を新たにしていました。

鍛錬を怠らないためにオンライン練習試合で上達する部員

対戦いただいた高校の皆様、大会運営の皆様、室蘭市弓道連盟の先生方、ご協力いただいた海星学院高校弓道部の皆様、また、日頃より弓道部にご支援ご声援を送ってくださる皆様、ありがとうございました。静修主催のオンライン大会や活動の詳細は弓道部特設ホームページに記載があります。ぜひご覧ください。弓道部を含む13のクラブを体験できる今年最後のクラブ体験会のお申し込みはこちらをご確認ください→【クラブ体験会について】

2021年10月03日 クラブ

10月2日(土)、第74回秋季北海道高等学校野球大会(全道大会)が札幌円山球場で行われ、春季全道大会以来今年2度目となる東海大学付属札幌高校し3対10(7回コールド)で敗退となりました。悔しさを見せる選手でしたが、要所で対策を練ってきたチーム力を発揮し、課題も明確にすることができました。次戦に向けて雪辱を誓う新チームに駆けつけた3年生もエールを送っていました。対戦していただいたチームの皆様、大会運営の皆様、また応援に駆けつけてくださいました本校関係者の皆様、ありがとうございました。野球部を含む14のクラブを体験できる今年最後のクラブ体験会のお申し込みはこちらをご確認ください→【クラブ体験会について】

2021年08月27日 クラブ

8月17日(火)~20日(金)、長野運動公園総合運動場総合市民プール(アクアウイング)で行われた第89回日本高等学校選手権水泳競技大会で水泳男子100m背泳ぎ・200m背泳ぎに出場した3年生山田海都君が100m背泳ぎの予選では北海道高校記録更新で見事決勝進出を果たし、200m背泳ぎ、100m背泳ぎともに3位入賞を果たしました。続く第44回 全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会においても100m背泳ぎ決勝2位、200m背泳ぎ決勝3位に輝きました。

パリ五輪に向けてさらに進化を続ける山田君をずっと応援しています。

「新型コロナウイルスの影響から思うように練習できない中で大会に臨むことになり、メダル争いには手が届かないと思っていたのですが、1本目の予選レースで100m背泳ぎ自己ベスト&北海道高校新記録を更新したことで勢いがついて両大会でメダルが取れたと思います。 インターハイの結果についてはどちらもタッチの差で3位だったので後悔はありますが、日頃から取り組んできたことが出せたので悔いはありません。基本的な挨拶、礼儀などはもちろん客観的な視点で物事を捉える事が出来る様になり、競技力の前に人間力が高くなったと感じる3年間でした。今後の最終的な目標はパリ五輪に出場する事なので、そのための第一歩としてまずはインカレで1年生からメダル争いを出来る様に努力を重ねていきたい思います。」不断の努力で1年次から活躍した山田君が語ってくれました。大会運営の皆様、日頃より本校をご支援いただいている皆様をはじめ本校関係者の皆様、応援ありがとうございました。

【競技結果】
第89回全国高等学校選手権水泳競技大会
【200m背泳ぎ男子決勝】
1位 竹原秀一(東福岡)1:58:08
2位 西小野晧大(鹿児島情報)2:00:16
3位 山田海都(札幌静修)2:00:37

【100m背泳ぎ男子決勝】
1位 竹原秀一(東福岡) 55:44
2位 光哲平(関大北陽) 56:05
3位 山田海都(札幌静修) 56:08

最近のお知らせ

カテゴリー

おすすめトピックス

アクセス数別 ランキング

札幌静修高等学校
  • 〒064-0916
  • 札幌市中央区南16条西6丁目2番1号
  • TEL:011-521-0234 FAX:011-511-9008