NEWS :: 静修物語

2020年07月10日 静修物語

2020年3月に普通科特進コースを卒業した山崎玲奈さんは、人を助ける仕事に就きたくて北海道医療大学看護福祉学部に入学しました。現在はオンライン授業を中心にレポート課題に取り組み、授業後最低3時間は勉強しているようです。高校時代の経験を活かし、勉強方法を模索しながら予習復習を毎日行い、休日には全教科の復習に取り組むなど、目標に向かいタイムマネジメント能力も身につけている様子が伺えました。
その原点である高校時代を振り返り、「特進クラスは3年間同じメンバーだったからこそ、最後の行事は一致団結して、球技大会ではほとんどの種目で1位を取れたこと」「リハビリ生活が長かった競技生活だけど3年生になってスタメンとしてチームのみんなと試合に出れたこと」を嬉しそうに話してくれました。
所属していたハンドボール部の顧問からは「度重なる大ケガを乗り越えた精神力、そして3年生の最後の試合ではチームに一体感と感動を与えてくれた。みんなが玲奈のためにパスを繋げたときは本当に感動しました」と当時を振り返り、将来をしっかり見据え、進学先の奨学金やクラブ活動も細かくリサーチし、勉強と部活の両立を実行した山崎さんをとても印象深く語ってくれました。

「初めて身内の死を経験して、大切な人を失う辛さを知りました。今でも思い出したら泣きそうになりますが、医療系に進む私にとって生死を実感できる初めての経験となったと思います。医療現場では、大切な人を失うことが多々あると思いますが、この思いを忘れずに患者の方たちにも精一杯看護できる人になりたいと思います。」

看護を目指したきっかけと今後の抱負について話してくれた山崎さん。勉強もクラブ活動も自身の苦手や困難を乗り越える工夫をする彼女だからこそ、他者の気持ちを尊重し、やさしくできるのだと改めて感じました。

2020年01月08日 静修物語

 2015年3月に普通科総合コースを卒業した按田さんは、静修高校在校中は北海道コンサドーレ札幌ユースに在籍していました。「幼い頃からサッカーを始め、続けていくうちに自然にプロサッカー選手になることが目標となりました」と、按田さんは言います。その夢をかなえるために選んだのが、いわきFCでした。「いわきFCは自分がそれまで経験したことがない、新しいスタイルのチームだったのです。だから自分も挑戦したいと思い、選びました」と語ってくれました。
 入団当時は、毎日午前中練習を行い、週に3日14時から18時まで、アンダーアーマーの物流倉庫で仕事をしていました。「練習が終わってから仕事に行くので、両立は簡単とはいえません。しかし仕事を通して交流を深めた社員やパートの方々が応援に来てくれたり、試合に勝つことがやりがいにつながっています」。
 今季全国地域サッカーチャンピオンズリーグを無敗の強さで優勝し、来季JFLの舞台に挑戦するいわきFCとプロ契約を結んだ按田選手の活躍が期待されます。

全力で取り組めば、自ずと結果は出てくる。

 按田さんは静修での3年間を「とても楽しく、幸せな時間でした」と振り返ります。「先生も友だちも個性的で、一度も飽きずに学校生活が送れました。3年間で学んだことすべてがプラスです」。そんな按田さんに今後の抱負について聞いてみたところ、「自分のなかに夢や目標はありません」という、意外な答えが返ってきました。「私が毎日考えているのは、全力で取り組むことだけです。そして全力で取り組めば、結果は出てくるものだと思っています。ただ親孝行だけは忘れずに、1日1日を大切に過ごしていきたいです」と、按田さんは話してくれました。

母校に凱旋してトレーニング

2020年01月07日 静修物語

 2016年3月に普通科総合コースを卒業した長谷川華奈さんは、北海道武蔵女子短期大学を卒業後、株式会社北洋銀行に入社しました。銀行を志望したのは、生まれ育った北海道で人の役に立つ仕事がしたいという思いがあったからだと言います。 
 「お金を扱う銀行業界であれば、人々の生活や社会の発展に貢献できると考えました」。就職2年目を迎えた長谷川さんが現在担当しているのは個人のお客様向けの資産運用です。「お客様のライブイベントやお悩みに寄り添った資産形成のお手伝いをしています。お客様の大切なご資産を扱うので責任も大きく、決して楽な仕事とは言えませんが、感謝のお言葉をいただいた時などは、この仕事をしていて良かったと思います」と長谷川さんは話します。

部活で培った最後まで諦めない心は仕事で役立っている。

 長谷川さんは高校時代の3年間、弓道部に所属していました。部活動の1番の思い出は何かと聞くと、「最後の大会で目標だった全道大会に出場できたこと」と答えてくれました。
長谷川さんの高校生活において部活動は大きなウエイトを占めていたようです。
 「静修でなければお会いできなかった、先生や友人に出会えたこと。多くの人に支えられながら何事にも一生懸命に取り組める環境と時間はかけがえのないものでした」と長谷川さんは振り返ります。「部活動を通して培った諦めない心は、いま仕事をしている中でも役立っていると感じます。これからもこの心を忘れることなく、お客様のライフプランに役立つ提案ができるよう日々勉強していきます」と話してくれました。

北海道武蔵女子短期大学ではライラック学生会の委員長としても活躍!


 

2020年01月01日 静修物語

 最後の高体連では札幌支部予選5位から全道優勝という結果を残すことが出来たので、日々努力をし、全ての時間をバドミントンに費やしてきて良かったと思っています。努力した分だけ必ず結果はついてくるものだと実際に感じることが出来たので、次はインターカレッジ出場を目標に努力していきます。

日笠・深田ペア インターハイ全国大会出場!

 将来はバドミントン実業団に入り、出来れば世界で活躍する選手になりたいと考えています。高校生活では部活動中心の生活でしたが、大学では第1に学生であるという意識を強く持ち勉強は疎かにせず取り組みたいと思っています。

専修大学文学部に合格した日笠さん(普通科総合コース、岩見沢緑中出身)

 最後に結果を残すことが出来たのも、顧問である横山先生、川畑先生、平尾先生のおかげです。本当にありがとうございました。高校で学んだ事は必ず大学でも活かしていきたいと思っています。良い結果をご報告出来るよう精進していきます。3年間ありがとうございました。

2019年12月31日 静修物語

 入学時から静修高校のハンドボール部では全国大会出場を目指して練習に励んできました。
 最高学年になってからは責任も前より感じるようになりながら、1・2年時の悔しさをバネに、より一層練習に励むようになりました。遠征等を通して着実に成長していき、ついに3年生の夏には全国大会に出場することができました。全国大会では1点差で惜しくも初戦で負けてしまいましたが、その時に中央大学ハンドボール部の監督が自分のプレーを見ていてくださり、スポーツ推薦のお声をいただきました。

静修高校から国体メンバーも多数選出!活躍の場が広がる選手たち。


 大学入学後はハンドボールでチームに貢献できるよう努力し、勉強と両立しながら頑張っていきたいと考えています。
 中央大学ハンドボール部は、日本国内では一番レベルの高い関東リーグに所属しています。その中でも中央大学は1部の上位に位置づいているので、毎日の練習に励み、4年間のすべてのインカレで優勝目指して頑張りたいです。
 勉強の面では自分の興味のあることをより深く学ぶために、計画的な学習を目標に頑張っていきたいと考えています。

中央大学経済学部に合格した出口君(ユニバーサル科、藤野中出身)

 先生方のサポートのおかげで英語をメインにしたユニバーサル科の学びと強化指定クラブであるハンドボール部の活動を楽しく両立することができました。
 大学に進学してからも期待に応えられるよう自分に厳しく頑張っていきたいと思っていています。3年間ありがとうございました。

最近のお知らせ

カテゴリー

おすすめトピックス

アクセス数別 ランキング

札幌静修高等学校
  • 〒064-0916
  • 札幌市中央区南16条西6丁目2番1号
  • TEL:011-521-0234 FAX:011-511-9008