国際交流ブログ

2017年02月13日 TAG:韓国 国際交流

全州槿映(チョンジュ クニョン)女子高等学校の韓国訪問団は、本校で過ごす6日間のプログラムを終了し帰国しました。滞在期間中、多くの行事を通して両国の文化や生活などを学び、全州槿映女子高等学校との友好関係をより一層深めることができました。
次回は、本校生徒の韓国派遣を予定し、更なる交流を深めていきたいと思います。

●ホストファミリー(静修生)の感想(一部抜粋)
・家で韓国の番組を見たりしながらお互いの言葉を教え合ったりしたことが一番勉強になりました。留学生と仲良くなれたことが本当に嬉しかったです。
・私より英語が上手だったので英会話も学ぶことが出来たし、「英語が上達したね」と言ってくれたのでとても嬉しかったです。
・私は人見知りなので1日目は会話が少なかったけど、2日目には打ち解けられて、英語、日本語、韓国語の3か国語を使いながら色々な話ができ、本当に楽しかったです。
・5日間我が家はまるで韓国のようでした。私たち家族と馴染もうと努力してくれて感謝とお疲れ様という気持ちを伝えたいです。
●韓国訪問団生徒の感想(一部抜粋)
・韓国とは異なる文化があり大変だった面もありましたが、新しい文化を学んでいく中で、面白い面、不思議な面がたくさんありました。同じクラスの友達が気を配ってくれたり、違うクラスの子たちが挨拶してくれたりしてくれて安心しました。
・日本は本当に綺麗で秩序がある国だということを知りました。韓国も見習わなければならないと思うことがありました。ホストファミリーのお母さんが作ってくれたご飯も美味しく、お父さんも良くしてくださったおかげで日本という国について詳しく知ることができました。

札幌静修高等学校
  • 〒064-0916
  • 札幌市中央区南16条西6丁目2番1号
  • TEL:011-521-0234 FAX:011-511-9008