国際交流ブログ

2017年11月12日 TAG:ユニバーサル科 国際交流

11月9日(木)、ユニバーサル科の1年生全員で東海大学の授業体験に参加しました。札幌キャンパス到着後、東海大学の学科の説明や本校出身の学生による体験談などの紹介がありました。
また、東海大学の学生やスウェーデンから来た留学生の皆さんと一緒に、ワールドカフェ(クラスを数グループに分け、決められたテーマに沿ってディスカッションを行う授業)を行いました。必死に英語で意見を伝えようとする生徒たちや、大学生の話を熱心に聞いている生徒たちの姿が印象的でした。
終了後は、大学の学食体験をさせていただき、大学生気分を味わいました。
ご協力いただきました東海大学の先生、学生の皆さん、ありがとうございました。

2017年11月09日 国際交流

11月6日(月)、昨年12月に同じ「静修」の名を持つことが縁となり姉妹校となった静修女子高級中學(台北市)の先生4名、生徒50名の皆さんが本校を訪れました。ウエルカムセレモニーには、ユニバーサル科の生徒全員が出席し、本校校歌の斉唱で歓迎の意を表すとともに、書道部員が大きな筆で全身をダイナミックに使って書き上げる「書道パフォーマンス」を披露し、大きな拍手が涌きました。授業体験は音楽と英会話を行い、音楽の授業では「ふるさと」を覚えてもらい一緒に歌いました。
最初は初対面ということもあり戸惑う場面も見られましたが、同年代ということもあって英語によるコミュニケーションですぐに打ち解け、一緒に写真を撮るなど和やかな時間を過ごしました。旅程の都合により短時間の交流でしたが、両校の生徒にとって思い出深い経験となりました。
来月中旬には本校生徒が「台湾派遣プログラム」として10名の静修生が静修女子高級中學を訪れ、現地高校生との交流を深めます。

姉妹校協定を結んだ台湾静修高級中学から生徒50名が来校。

2017年11月01日 国際交流

10月28日(土)、北海道立近代美術館で第19回北海道韓国語弁論大会が行われ、ユニバーサル科1年生の山崎さんが見事銅賞を受賞しました。
北海道の地域社会における韓国に対する理解と韓日友好親善の拡大を目的に開催され、韓国語・韓国文化・韓日交流と関わりのある内容をテーマに5分以内のスピーチで審査されます。
見事銅賞を受賞した山崎さんは「今年8月に行われた静修高校の韓国派遣プログラムに参加し、興味が湧きました。発音は韓国語の柳先生に指導してもらい、繰り返し練習しました。2年生では必修科目になるため、更に勉強に励みコンテストに挑戦したい」と語ってくれました。
なお、11月3日(金・祝)の第2回学校見学会では、国際交流コーナーを設置して本校のネイティブスピーカー(英語、ドイツ語、韓国語、中国語)の先生との交流体験を行います。

韓国語の習得の速さに驚く柳先生。

2017年10月27日 TAG:ユニバーサル科 国際交流

ユニバーサル科の2年生全員を対象に海外語学研修が行われ、第1グループの9名は、4月20日(木)~6月30日(金)、カナダのバンクーバーアイランド大学附属高等学校に、第2グループの21名は、7月20日(木)~9月28日(木)、オーストラリアのマキロップキャソリックリジオナルカレッジでそれぞれ語学研修を行いました。
滞在期間中は現地のホストファミリーと生活を共にし、毎日2時間のESL(英語を母国語としない人のための英語教育)の他、現地の高校生と一緒に通常授業に参加しました。
1年次から継続的に行ってきた静修ユニバーサル科独自の英語教育の山場を迎え、帰国後に予定されている英検やGTEC(「聞く」「読む「話す」の3技能を測る英語テスト」)のスコアアップが期待されます。
11月3日(金・祝)学校見学会のプログラム「ユニバーサル科説明会」で海外語学研修の詳細についてご説明します。お楽しみに!

●生徒の声(一部抜粋)
・オーストラリアに行く前までは自分は英単語をそんなに数多く知らないし、リスニングだって得意とは言えず自分は英語が話せるとは言えなかった。しかし、現地でホストファミリーや、学校の先生、友達と会話をする中で、わからない単語があった時には、質問をすれば簡単な単語で説明をしてくれたり、自分の言いたいことが上手く伝わらないときには、身振り手振りや絵を書いたりして理解してもらうことができることを知り、少しずつ自信がついた。
・「英語で会話することへの抵抗」が留学前に比べてなくなりました。今までは、言いたいけどこの英語はあっているのか、聞き返されたとき聞き取れなかったらどうしよう、などと考えすぎてしまい、英語を使うことに躊躇していました。しかし、英語を使わざる得ない環境にいたことによって、英語を使って話すことを積極的にできるようになりました。正しいかどうかにこだわらずに、まずは話してみようという心持ちに変わりました。この気持ちを今後も持ち続け、さらに向上していきたいと思います。

2017年10月26日 国際交流

本校では英語圏だけでなくヨーロッパ圏やアジア圏の留学生の受け入れも積極的に行っており、今回は10月10日(火)~18日(水)まで、タイのベンジャマ・マハラート高校からピームシャノック・サワンアルンポンさんが、日本語の勉強のために1週間本校ユニバーサル科の授業に参加しました。学校での授業に加え、滞在期間中は本校生徒の家にホームステイもしておりましたが、最後は「静修高校はとても楽しかったし、勉強になりました」と言っていました。日本での高校生活やクラスメートとの交流で得た経験をもとに、帰国後も日本語の勉強を継続してくれることを願っています。
なお、11月3日(金・祝)の第2回学校見学会では、国際交流コーナーを設置して本校のネイティブスピーカー(英語、ドイツ語、韓国語、中国語)の先生との交流体験を行います。

札幌静修高等学校
  • 〒064-0916
  • 札幌市中央区南16条西6丁目2番1号
  • TEL:011-521-0234 FAX:011-511-9008