国際交流ブログ

2019年12月27日 国際交流

12月19日(木)、ユニバーサル科による英語プレゼンテーション、ディベート発表会を行いました。
動画は2年生の英語プレゼンテーションの様子です。海外語学研修初期は英語で自分の思いを伝えることができず、また相手の話も理解できずに困っていました。しかし、研修に意欲的に参加したことで、今では自分たちの意思や伝えたいことを英語で話せるまでに成長しました。
今回の英語プレゼンテーション発表会では、ただ原稿を棒読みする、あるいは原稿を暗唱して話をするのではなく、思ったことをできるかぎりその場で考え、言葉にし、相手に伝えられるように意識していました。ユニバーサル科では“真の英語力”=英語を“使いこなす”力の育成に力を入れています。

2020年1月6日(月)、中学生対象の一般入試(チャレンジ奨学生)対策講座を行います。対策講座では、ユニバーサル科の試験では必須の英語(リスニングテスト対策)を行い、ユニバーサル科の学びを体験するチャンスでもあります。
ぜひご参加ください。詳しくはこちらをクリック

2019年12月26日 国際交流

12月19日(木)、ユニバーサル科による英語プレゼンテーション、ディベート発表会を行いました。2年生は2ヵ月半のカナダ・オーストラリアでの語学研修についてのプレゼンテーションを、3年生は ”Japan should introduce more automation to its retail industry“ というテーマについて賛成側、反対側に分かれてディベートを行いました。
1年生は先輩方が英語で堂々と発表する姿に尊敬のまなざしを送る一方、2年生のプレゼンテーションから自分たちが来年参加する語学研修についての役立つ情報を得ることができました。また、2年生は英語プレゼンテーションとは異なる、英語ディベートという新たな目標を得たことで、語学研修後の更なるモチベーションとなったことかと思います。
ユニバーサル科は今年で9年目、この発表会は今年で5年目となりますが、今回はじめて3年生によるディベートを発表会で実施することができました。ユニバーサル科は英語を“使う”力を養うことを大事にしていますが、1~2クラスしかない小さな科だからこそできる、「上級生から学び、上級生の姿を自分の目標にする」という“縦のつながり”も大事にしています。

英語を楽しんで身につける。

2019年11月19日 国際交流

11月9日(土)、北海道立近代美術館の講堂で行われた第21回北海道韓国語弁論大会にて、ユニバーサル科2年生の田村さんが大賞、同じくユニバーサル科の廣海さん(2年)が金賞を受賞しました。本大会では高校生だけでなく、大学生や高校の教員を含む一般の方々なども参加するハイレベルな大会となりましたが、本校のユニバーサル科の2名が大賞と金賞を受賞する快挙を成し遂げてくれました。
今回の大会参加にあたり、生徒たちのスピーチをご指導いただいた金先生をはじめ、本校の韓国語教育に尽力いただいている柳先生にも感謝申し上げます。
静修高校では、弁論大会だけでなく、派遣プログラムとして韓国の姉妹校を訪れることができ、また訪問プログラムでは韓国の学生との交流や留学生のホストファミリーを体験することもできるなど、韓国に触れる機会を多く用意しています。
日頃の努力が成果となって実を結んだ結果となりました。生徒達の頑張りに心から敬意を表したいと思います。おめでとうございます。

静修高校のプレゼンテーションの強さを発揮!

●大賞を受賞した田村さんのコメント
弁論大会を通して語学に関する考えが深まり、自分の新たな可能性を見つけることもできました。今後も韓国語の学習に励みたいと思います。

2019年11月01日 国際交流

ユニバーサル科では、2年次に行われる2ヵ月半の海外語学研修に向けて、通常のネイティブスピーカーによる英会話授業に加え、インターネットを活用したオンライン英会話を導入し、海外でも使える英語力トレーニングをしています。参加した生徒は1対1で外国人講師と向き合い、英語で会話しなければならない状況におかれることで、楽しみながら英語での“発信力”を磨きます。
また、10月24日(木)、ユニバーサル科1、2年生を対象に道外語学系大学(3大学)との双方向オンライン形式での大学説明会を実施しました。普段は直に聞くことができない道外大学に在籍する大学生によるプレゼンテーションの他、質疑応答の時間では大学生と直接スカイプで繋がり、大学での学びや学生生活をダイレクトに聞くことができました。

2019年10月29日 国際交流

8月26日(月)から約7ヵ月間、マレーシアからマリさん、インドからクシさん、ネパールからニシャンさんの3名が、9月20日(金)から約3ヵ月間、オーストラリアからトリニティさんとマシューさんの2名が長期留学生として来校しました。また、10月18日(金)から9日間、タイから5名の留学生が、10月21日(月)から1週間、ドイツの訪問団9名と引率教員2名がそれぞれ来校しました。この期間6か国の留学生・訪問団21名が本校に滞在し、通常の学校生活の中で国際色豊かな文化との触れ合いと交流を深めることができました。
長期留学生の5名は引き続き日本に滞在し、本校生徒とともに通常授業に参加します。

6ヵ国の留学生・訪問団21名が静修生と交流!

札幌静修高等学校
  • 〒064-0916
  • 札幌市中央区南16条西6丁目2番1号
  • TEL:011-521-0234 FAX:011-511-9008