国際交流ブログ

2018年04月05日 TAG:オーストラリア 国際交流

10名の静修生(普通科特進コース4名、普通科総合コース2名、ユニバーサル科4名)が2017年度オーストラリア派遣団として世界へ羽ばたきました。
●3月8日(木)~3月18日(日)
14日(水)、カンガルーやコアラなどがいる自然保護区への見学ツアーに出かけました。15日~16日(木・金)はホストのいるクラスに参加し、授業を一緒に受けました。放課後、カンガルーのお肉で作るカンガルーバーガーをはじめ、さよならパーティー用のクッキー作り等をし、充実したプログラムが終了しました。
17(土)には、メルボルンからシドニーに移動し、オペラハウス他の市内観光を楽しんだ後、香港経由で日本に帰国しました。
心のこもった対応、派遣プログラムのためにご尽力いただいたすべての方々に感謝申し上げます。

オーストラリアで出会った友人たちと。

2018年04月04日 TAG:オーストラリア 国際交流

10名の静修生(普通科特進コース4名、普通科総合コース2名、ユニバーサル科4名)が2017年度オーストラリア派遣団として世界へ羽ばたきました。
●3月8日(木)~3月18日(日)
8日(木)、香港経由でオーストラリア・メルボルンに向け出発。空港でホストファミリーと対面しました。9日(金)、メルボルン市郊外にある本校姉妹校のセントピーターズカレッジ(高等学校)に到着しました。オリエンテーションの後、ホスト生徒・ホストファミリーとホームステイ先に移動しました。
10~12日(土・日・月祝日)は、ホストファミリーと異国での休日を満喫しました。
13日(火)は、ハーモニーデーという多様な民族を持つオーストラリアならではの催しが各地で開催されました。そこでは、生徒たちが母国の民族衣装を身にまとい、食べ物の屋台が並び、にぎやかな一日となりました。

はじめての海外でも安心!日常生活で外国語を話す機会がたくさん。

2018年02月19日 国際交流

2月7日(水)~12日(月)の6日間、韓国全州市にある全州槿映(チョンジュ クニョン)女子高等学校より、引率教員3名とともに8名の生徒が訪問団として来校しました。全州槿映女子高等学校とは、2009年から交流が始まり、相互訪問とホームステイを続けてきました。今回の滞在期間中は、本校生徒がホストファミリーとなって生活を共にし、家族の一員としてホームステイをサポートします。本校生徒たちは、普段の学びを活かし韓国語や英語でコミュニケーションを図り、静修高校の授業や部活動の体験をはじめ、札幌市内の観光等を通じた交流を行いました。

●韓国訪問団主なスケジュール
1日目 オリエンテーション、ホストファミリーとの対面
2日目 全校集会、校内案内、札幌市内観光(雪まつり見学)、部活動体験(書道部)
3日目 あとり絵体験、ユニバーサル科プレゼンテーション(日本文化の紹介)、歓迎パーティー
4日目 小樽市内観光
5日目 ホストファミリーと過ごす休日
6日目 訪問団帰国

2018年01月24日 国際交流

本校では英語圏だけでなくヨーロッパ圏やアジア圏の留学生の受け入れも積極的に行っており、今回は1月22日(月)~29日(月)まで、タイのシリントーン高校からティカムポーン・コンティーさんが、日本語の勉強のために1週間本校ユニバーサル科の授業に参加します。学校での授業に加え、滞在期間中は本校生徒の家にホームステイをし、日本の文化を学びます。中学校の時から日本語を勉強しており、日本の歌を歌えるまで上達しています。

2017年12月21日 国際交流

12月18日(月)、「静修」の名を持つことが縁となり姉妹校となった静修女子高級中學(台北市)を訪問した10名の静修生(普通科特進コース1名、普通科総合コース1名、ユニバーサル科8名)がたくさんの思い出を胸に帰国しました。
11月には台湾からの訪問団50名が静修高校に来校しており、1ヵ月ぶりの再会に喜びを分かち合いました。6日間の短い期間での交流でしたが、異なる言語や文化の他、新しい価値観に触れ、生徒たちの視野も広がる貴重な経験となりました。熱心に日本語の修得に励み、本校生徒への心のこもった温かいおもてなしに感謝しております。

最近の記事

おすすめトピックス

アクセス数別 ランキング

札幌静修高等学校
  • 〒064-0916
  • 札幌市中央区南16条西6丁目2番1号
  • TEL:011-521-0234 FAX:011-511-9008