国際交流ブログ

2017年08月18日 国際交流

ロータリークラブの長期留学制度を利用して、本校に留学していたユリウスくん(ドイツ)とマリーさん(アメリカ)がこの度帰国しました。昨年の9月6日から滞在し、ユリウス君は7月11日まで、マリーさんは7月24日まで、約10ヵ月間の留学で日本語の習得の他、日本文化、生活習慣を学習し理解を深めました。ユリウスくんは、サッカー部や弓道部に所属し、厳しい練習にも真面目に取り組む姿が見られました。マリーさんは、ダンス部に所属し、学校祭のステージで見事なダンスを披露してくれました。何事にも一生懸命に挑戦するユリウスくんとマリーさんの今後の活躍を期待しております。

●ユリウスくんコメント
ドイツから来て10ヵ月間静修で勉強をしました。来た当初は一人も知り合いがいなくて、みなさんがどんな人たちなのか、僕の留学はどうなるのか心配でした。10か月間の留学は思ったより早く終わりました。静修でたくさんのユニークでおもしろい人に出会うことができました。最初は同じクラスの人や部活の人たちと仲が良くなり、みんなが温かく優しく接してくれました。あなたたちのおかげで僕の留学はとても良いものになりました。もしこの先また留学生が来たら、僕の時のように接してあげてください。そして外国に行くのはみんなにとってとても良いことだと思います。ぜひドイツにも遊びに来てください。10ヵ月間ありがとうございました。

●マリーさんコメント
アメリカから来て10ヵ月静修高校に通いました。静修の人たちはみんな優しくておもしろかったです。同じクラスじゃない人もたくさん友達ができました。私の一番の思い出は色んな人たちと話せたことです。日本に来た時は、日本語は全然喋れなかったけど、みんなと楽しく遊んでいるうちに上手に話せるようになりました。
3年生は受験勉強を頑張って夢を叶えてください。2年生は学校の半分が終わります。楽しい思い出をたくさん作ってください。1年生は学校の3年間は短いからたくさんチャレンジしてくださいね。皆さんまた会いましょう。みんな愛しています!

札幌静修高等学校
  • 〒064-0916
  • 札幌市中央区南16条西6丁目2番1号
  • TEL:011-521-0234 FAX:011-511-9008